電池式とはまるで違う?機械式時計の精巧さ

ゼンマイで動くのが機械式時計

現代の時計というのはほとんどが電池や電気で動いているものですが、その昔、時計と言えばゼンマイ式の時計が主流でした。ゼンマイを巻くと、歯車が動き始め、それが動力となって針が動き始めるというのが機械式時計です。電気式の時計が主流となった現代において、こうした機械式時計というのは一種のアンティークであり、とても魅力的ですよね。しかし機械式時計というのは、大量生産できるものではなく、職人がひとつひとつ手作りで作っていたものなので、手入れするのもかなり難しいのです。

手動で巻くものと自動で巻くものとの違い

機械式時計にはゼンマイを主導で巻いて使用するものと、自動でゼンマイを巻くことができるものと、主に二つの種類があります。現代にある機械式時計というのは、ほとんどが後者の自動式のものが多いのですが、より伝統的で細部にこだわりのあるものは前者の手巻き式の機械式時計です。特に手巻き式の機械式時計は手入れもとても大変で、毎日ゼンマイを巻かなければならないものの、時計愛好家の中ではこうした手間をかけることに魅力を感じる人が多いのです。

オーバーホールが欠かせない

機械式時計はひとつひとつ職人がその手で作っているものです。そのため、大量生産の時計と違って、すべての機械式時計は手作業の調整を施して、その精巧な作りを保っていかなければなりません。人間だって調子が悪くなればお医者さんに診てもらうように、機械式時計も調子が悪くなれば、職人さんに診てもらわなければならないんですね。とはいえ、調子が悪くなる前に不調を防げれば一番ですよね。そのため、オーバーホールという、時計を分解して洗浄や注油などをするオーバーホールという修理方法を年一回くらい受けることが必要なのです。

スイスの時計メーカーの1つにウブロがありますが、社名の意味はランス語で舷窓を表します。時計の特徴は天然のラバーストラップとビスを使っているところです。